地方創生のお手伝い!郊外の分譲マンションの不動産動画は何をアピールすべき?

「マンションを購入しよう!」

人が分譲マンションの購入を決めるときは、自分の将来をしっかり考えているときであることが多いものです。結婚したらどんな場所に住みたいかな……子育てするならどんな地域がいいかな……人によって物件選びの重要ポイントはさまざまでしょう。今までは「便利な都会がいい」「仕事場の近くに住みたい」と思っていた人も、このタイミングならちょっと離れた郊外の分譲マンションにも目を向けやすくなっているはず。こういったターゲットに「郊外の分譲マンション、いいじゃない!」と思わせる不動産動画とは、一体どんなものでしょう。

 

まずは都会vs.郊外の物件比較

郊外のマンションの最大のメリットともいえるのが、「都会と同じ値段でより大きなマンションが買える」または「同じ広さのマンションが割安で買える」ということですよね。その違いを消費者に伝えるためには、ビジュアルを使った比較が効果的です。

例えば、同じ価格層の分譲マンションを「都会だとこういうのが買えるけど、郊外だとこんなのまで買えてしまう」「この2つのマンションは築年数や広さも似ているけれど、実は郊外のほうが○割も安い」のように、並べて比較しましょう。それぞれのマンションの写真を並べるのもよいですが、やはりサイズや雰囲気を伝えやすいといった面で、動画を取り入れるとその効果が上がります。


都会にはない楽しみで「地域」をアピール

都会に住んでいれば、レストランがあり、コンビニがあり、ショッピングをする場所があり……と、だいたいどのマンションも、周りにある施設には大差はないかもしれません。郊外に出るとそういった施設は減ってしまうかもしれませんが、その分、地域ならではの魅力が多くある施設をアピールすることが可能です。

「近くにキャンプ場やハイキングコースがある」「地域の人が集まるコミュニティーガーデンがあって、野菜を自分で作る楽しみや交換する楽しみがある」「ちょっと穴場の素敵なカフェや個人経営の雑貨屋がある」こういった地域のユニーク性をアピールすることで、「あ、これからはこういったところで生活してみたいかも」「魅力的な地域だな」と思わせることができます。


地域交流プロジェクトの紹介で「人」の魅力も伝える

新しいエリアに引っ越すというのは、新しい隣人や地域の人々との生活を始めるということで、やはりドキドキするものです。分譲マンションの購入の場合はさらに、そこに腰をすえる覚悟で購入するのですから、周りを取り囲む人々との「付き合い」というのは重要なポイントになります。

「引っ越し先で知り合いができないかも……」「自分が場違い的な存在だったらどうしよう……」というのは、多くの人が抱える不安です。そういった不安を取り除いてあげるためにも、地域でどんな交流プロジェクトが行われているかを取材させてもらったり、実際に住んでいる人たちにインタビュー形式で地域の魅力を伝えてもらったりといった形の動画を作成しましょう。ターゲット顧客と同年代の住人に出演をお願いしたり、家族向け物件ならばそこで暮らしている家族を紹介するのもよいでしょう。

 

地方の魅力をたっぷり詰め込んだ動画で消費者の心をキャッチ!

これまでは「都会生活しか考えられない」と思っていた人でも、ふとしたきっかけで郊外や地方でのマンション購入を考え始めることもあります。そういった思いを行動につなげてもらうためにも、「地方っていいじゃない」「自分のこれからの人生設計には、都会じゃなくて郊外のほうが合っているのかも」と感じてもらうことが大切です。紙面では伝わらない物件、地域、人の魅力を、不動産動画に詰め込んで、郊外の分譲マンションを購入する魅力をアピールしていきましょう。


参考: