SEOに効果大?!自社HPに動画コンテンツをのせよう

商品やサービスの説明など動画コンテンツを自社WEBに掲載する企業が増えています。「動画」はWEBマーケティング戦略のなかでも急速に必要不可欠な要素となりつつあります。実は動画は、SEOにも効果が大きいことがわかっています。今回は、動画コンテンツでSEO対策を行うべき理由について説明します。

SEOについておさらいしておこう

SEOとは英語の Search Engine Optimization の頭文字をとったもので、日本語でいえば「検索エンジン最適化」となります。
検索エンジンの結果表示画面で、自社のサイトが上位に表示されれば、ユーザーがアクセスしやすくなり、ホームページの集客力は飛躍的に向上しますよね。
グーグルなどの検索エンジンは、より有益な情報をユーザーに提供するため、独自のアルゴリズムをもとに検索結果を表示しています。検索エンジンの肝となるその理論はもちろん非公開ですが、HTMLのタグの使い方、リンクの貼り方、検索に使用されるキーワードへの対応といったいくつかのポイントがあります。
広告の出稿と異なり、SEOは工夫すれば費用をかけずに行うことが可能なため、自社サイトを持つ企業にとっては必須の対策になっています。

検索エンジンは動画コンテンツを好む?!

SEOはテキストをメインとしたWEBコンテンツ向けの対策であるため、テキストを含まない動画コンテンツはSEO効果は薄いと思うかもしれません。
でも実は、動画のSEO効果については広く認められており、2010年にアメリカの調査会社Forrester Researchは、「動画が埋め込まれているページは、埋め込まれていないページよりも約53倍の確率で検索結果の1ページ目に表示される」という調査結果を発表しています。実際グーグルの検索結果上位には動画を含んだコンテンツが多く表示されています。
もちろん、動画はテキストではありませんので動画そのものがSEOで評価されるわけではありません。ポイントとなるのは、動画のタイトルや説明文です。ユーザーが得たい情報にたどりつけるようなタイトルや説明文、タグの設定が重要になります。また、再生回数やチャンネル登録数、コメント数なども評価ポイントになるとみられています。

動画の配信はYouTubeですべき?

動画配信の代表的プラットフォームといえば、YouTubeです。YouTubeはそれ自体が巨大な検索トラフィックを保有していることで知られ、グーグルに次ぐ第2の検索エンジンと呼ばれるほど。
また、普段あまり意識していないかもしれませんが、YouTubeも数あるグーグルのグループ会社のひとつ。こうしたことが影響しているのかは定かではありませんが、検索結果上位に表示される動画は、YouTubeから配信されたものが多いようです。
人気動画を自社のホストサーバー上に設置することで、サーバーへの流入を拡大するのも有効なSEOといえますが、どういう動画がバズるかは未知数の部分がありますし、初心者には少しハードルが高いかもしれません。
その点、YouTubeへの登録やアップロードは非常に簡単なので、初心者向けといえます。

動画SEOは未知数

動画のSEO対策はまだ始まったばかりであり、未知数の部分が多い分野です。
一方で、テキストや画像に比べて訴求力が高い動画コンテンツは、ユーザーにより多くの情報を届けやすいのが特徴です。WEBサイトの集客に向けて、動画の重要度は今後ますます高くなっていくと考えられます。
WEBマーケティングの世界は日進月歩。スピードが勝利のカギを握っています。ほかのライバル企業に先駆けて、いち早く動画マーケティングを取り入れることで、検索エンジンのSEO対策に役立ててみてはいかがでしょうか。



参考: