B2B動画マーケティング活用事例:価値の高いコンテンツの提供を

動画マーケティングとは何かを考えると、企業にとって大切なのは「いかにインパクトのあるCMを作るか」や「どうやって企業のイメージを高めるか」といった項目が頭に浮かぶかもしれません。もちろんそれは正しい理解なのですが、B2B企業としてはさらに一歩踏み込んだ動画コンテンツを行えると、そのマーケティング効果をより高めることができます。そこで今回は参考として事例とともに、B2B企業の動画コンテンツの活用法をみてみましょう。

 

B2B企業の動画マーケティングに使えるのはどんな動画?

事例の紹介に入る前に、まずどういった内容の動画がB2B向け動画マーケティングに使えるか、例を挙げます。

  • 商品のデモ:インターネットが普及した現代。見込み顧客の多くは商品やサービスの購入までに事前調査を行います。商品やサービスの魅力を伝えることで、こういった見込み顧客の興味を引くことができるデモ動画は、ぜひ導入したい動画コンテンツです。
  • インフルエンサーのインタビュー:動画マーケティングの一環として、業界のインフルエンサー(SNSで多くのフォロワーを持つ有名人や、業界の達人)のインタビューを行ってみましょう。業界のトレンド予想や、過去の体験など、見た人に役立つ情報を詰め込みます。
  • プレゼンやキーノート発表の模様:手間暇かけて準備を行ったプレゼンやキーノート発表の模様は、SEO対策を行ったうえで動画コンテンツとして再生させましょう。トレンドとなっているキーワードは何か。人々が興味を持っている最新テクノロジーはどういったものか。こういった項目を意識してコンテンツ作りを行うことが大切です。
  • 顧客の感想:既存の顧客とQ&Aセッションを持ち、その内容を動画にまとめるのもオススメです。実際の顧客の意見というのは信頼性の高いもの。マーケティングだけでなくセールスにも活用できる価値の高いものです。
  • 企業内部紹介:企業の内部というのは、部外者はなかなか見る機会のないものです。しかし、自分が使っている商品が実際どのように作られているかや、どんな人たちが作っているかというのは興味があるもの。事務所や作業所の風景を動画コンテンツにし、商品のステージ裏を見せてあげましょう。

B2Bにとって価値の高い動画コンテンツを作るためには、「一度で終わらない、繰り返し使えるコンテンツ」を意識することが重要となります。以下に、動画コンテンツをうまくマーケティングに活用している3社を紹介してみましょう。

CISCO

まず初めに、コンピューターネットワーク機器メーカーのCISCOを見てみましょう。CISCO では1年間に約1,000本の動画コンテンツを作っています。これらの動画の多くは、企業のYouTubeチャンネルに登録されており、対応している国や言語も豊富です。多くの動画は5分以内の短いものですが、商品・サービス紹介、インタビュー、プレゼンとバラエティーに富んでおり、顧客や見込み顧客にとって、企業やサービス内容を知るための重要な情報源となっています。

YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCEWiIE6Htd8mvlOR6YQez1g

HubSpot

インバウンドマーケティングの先駆者HubSpotのマーケティング用動画は「視聴者数を増やす」ことではなく「コンバージョン率を上げる」ことにポイントを置いています。確かに、いくらバイラル動画を制作しても、それが企業の売り上げにつながらなければ元も子もありませんよね。HubSpotでは、見込み顧客を顧客へとコンバートさせる手段として、見込み顧客のニーズに沿ったニッチな動画を提供しています。

YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/user/HubSpot

 

SAP

ソフトウェアソリューションを提供するSAPの動画は、視聴した顧客・見込み顧客が「自分たちの抱える問題をSAPなら解決してくれる……」そんな気持ちにしてくれます。動画の中でビジネスが抱えるさまざまな問題を取り上げ、「難しく考える必要はないよ」「問題解決はシンプルだよ」と訴えかけることで、「この企業なら、うちの抱える問題を解決してくれるに違いない」と思わせてくれます。

YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/user/SAP

見込み顧客や顧客にアピールできるポイントを押さえよう

B2Bにとって動画マーケティングを成功させるためには、動画コンテンツの内容は「企業のイメージ」や「企業が持つ情報資源」を、長期にわたり見込み顧客や顧客にシェアできるものである必要があります。企業としてアピールできる点は何か。顧客に役に立てる内容はどういったものか。こういったポイントを意識し、動画マーケティング用コンテンツの作成に取り組んでいきましょう。


参考: