テーマは「脱日常」:世界&日本の観光地PV5選

観光地がPVを作る目的とは一体何でしょう。大きな目的はやはり、その地域の魅力を動画に詰め込むことで、見た人に「行ってみたい」と思わせることですよね。人々にそう思ってもらえるために、できるアピールポイントのひとつとして、いつもと違ったことができる……いつもと違う風景に出会える……「脱日常」というものがあります。そこで今回は、美しい映像や音楽とともにまとめあげた、「脱日常」を感じさせてくれる国内外の観光地PV5選を見ながら、その魅力について考えてみましょう。

 

チュニジア

 

アフリカ大陸北端の国、チュニジア。アフリカと聞くとあまり観光地というイメージが浮かばないかもしれませんが、その思いを覆す美しい風景で動画を見る人をとりこにしてくれます。「とある観光者がチュニジアを探索している」という目線で撮られたこの動画は、まるで自分も彼女と一緒にチュニジアを訪れていると錯覚してしまうほど巧みなアングルで撮られています。

海や砂漠といった自然はもちろん、市場やスパ、ゴルフなどのエンターテイメント、そして歴史を感じさせる遺跡の訪問と盛りだくさんの観光地が詰め込まれたこちらのPV。最後には人気映画Star Warsの撮影が行われたエリアを登場させるなど、見る人を飽きさせない魅力満載の動画です。

ハンガリー

ハンガリーの魅力を一挙に詰め込んだこちらのPV動画は、どことなくノスタルジックで澄んだBGMとともに始まります。お洒落なレストランに、人々が行き交う街並み。観光地や名所の紹介はもちろん、名物の食べ物、ルービックキューブがハンガリー発だというちょっとマニアックな情報など、テンポよくハンガリーに関する情報が流れていきます。

PV内の映像には、フィルターをかけたり違ったアングルからの撮影をつなげたりと、さまざまな工夫がされています。それにより幻想的な雰囲気が際立っており、見る人に「非日常」「脱日常」を感じさせてくれます。

バルセロナ

Barcelona GO! from Rob Whitworth on Vimeo.

 

私たちが過ごす「色褪せた日常」に、ビビッドなカラーを生かしたリズミカルな映像で刺激を与えてくれるこちらの動画。「情熱の国スペイン」ならではの、澄みきった青空とカラフルな建物が印象的です。このPVを作成するために費やした撮影時間は総計78時間。それをハイパーラプス機能を使うことで2分のPVに凝縮しています。

高画質で撮影されているので、街の中を進んでいくシーンや建物の中の様子は思わず「え、これ本物?」と口にしたくなる美しさです。動画公開からたった3週間で70万回を超える視聴を得たのも、納得できる魅せるPVといえるでしょう。

 

高知

こちらは「観光」でなく「移住」をテーマにしたPVです。地方に移住してもらうためには、地方ならではの良さを伝える……ということで、「人とのふれあい」の視点から高知の魅力をアピールした動画です。

「すぐに家族。ずっと家族」というキャッチーなフレーズとともに流れる動画は、出てくる人々の笑顔が印象的で、「ここに行ってみたい。住んでみたい」と思わせるパワーを秘めています。

北海道

ご当地グルメがブームの今。地元ならではの食べ物を使ったPVへの注目も高くなっています。そんな動画のひとつであるこちらは、北海道新冠町名物のピーマンを使ったスイーツという、ちょっとユニークなご当地グルメを使ったPVです。

動画自体は、街の風景などはなく、リポーターがピーマンスイーツを食べながら感想を述べるというシンプルなスタイル。でもピーマンとスイーツという意外な組み合わせに、見ている人に「食べてみたい」と思わせ、そこから新冠町ってどんなところなのかな? と興味を移行させる方法がすぐれているといえるでしょう。

見た人をワクワクドキドキさせよう

地域の魅力を存分に詰め込んだ観光PV。PVを見た人が、現在の日常生活にない輝きや興味の対象をその中に発見できれば、「旅に出たい」「訪れてみたい」という気持ちを呼び起こしてくれるのではないでしょうか。地域を訪れる観光客にどんな気持ちを持ってほしいか……そしてそのために使えるアピールポイントとはどういうものかをしっかり考え、見た人をワクワクドキドキさせる観光PVを作っていきましょう。


参考: