今さら聞けない動画広告!インストリーム広告とは?

動画広告に関わる仕事なれば、インストリーム広告という言葉を一度や二度聞いたことがあると思います。では、インストリーム広告とは一体どんなものでしょう?動画配信サイト最大手のYoutubeが扱う、「TrueView インストリーム広告」の特徴やメリットも合わせてご紹介します。

インストリーム広告とは?

インストリーム広告とは、動画配信サイトの前後、もしくは途中で表示される動画広告のことを指します。動画配信サイトには、海外だと、「Dailymotion」や「myspace」、国内でよく使用されているものでは「GyaO!」や「SayMove!」、「ニコニコ動画」などがあります。しかし、海外、国内でみてもやはり最大手は、Googleが運営するYouTubeでしょう。Youtubeの動画広告をTrueView インストリーム広告と呼びます。今回は、このTrueView インストリーム広告の効果やメリットについて、詳しく見ていきます。

TrueView インストリーム広告の特徴

Youtubeで動画を見たことがある人なら、何回か動画を再生しているうちにいきなり広告動画が始まって、驚いたことがある人もいるでしょう。そのとき、ほとんどの動画広告は、「この広告は、5秒後にスキップできます」という表示が出ます。もし自分に興味のない広告が始まったら、多くの人がここでスキップすることを選びます。しかし、少しでも自分の気になる広告であれば、最後まで見る気になることでしょう。

これこそが、TrueView インストリーム広告の特徴です。その仕組みは、もしユーザーが広告をスキップすることを選んだ場合、広告主はYoutubeに広告料の支払いをする必要がなく、またスキップしなかった場合でも30秒以上(それより短い広告は最後まで)見られなかった動画広告はカウントされません。つまり、本当に自社の広告に興味持っているターゲットの分だけに対して広告費を払えば良いので、コストを無駄にすることがないのです。そのため、TrueView インストリーム広告は動画広告の中でも人気が高く、多くの広告主から選ばれています。

TrueView インストリーム広告のメリット

さらに、TrueView インストリーム広告のメリットは、希望のユーザー対象を選び、見せたいに人にだけ自社の広告動画を見せることができることです。「年齢」「性別」「地域」「興味」「キーワード」「視聴端末」でターゲットを絞り込むことができます。あらかじめ見せたい人を絞ることで、「広告をスキップせずに最後まで見る人は15~45%に上る」と米GoogleでYouTubeシニアプロダクトマネージャーを務めるバルジート・シン氏は言います。このように広告をしたい人を選び、興味のある人だけに効率的にアプローチできる動画広告配信は広告主、視聴者、さらには広告を表示した動画投稿者にとってもありがたいサービスといえます。

また、YouTube が無料で提供しているアナリティクスツールで、どのようなユーザーが広告を視聴しているか、動画広告からリンクにクリックして自社サイトへ訪れているのかなどを把握することができます。さらに、Adwords のマーケティング機能に対応していて、自社サイトに来たことがあるユーザーにだけに動画を見せたり、TrueView 広告を見たユーザーに対して、他サイト閲覧時にバナー広告を表示するといった設定が可能となります。このように、今までAdwordsでリスティング広告を行っていた企業にとっては、相乗効果を生み出せるのがTrueView インストリーム広告なのです。

動画広告ならTrueView インストリーム広告から

動画広告を出したいと考えているなら、動画配信サイト最大手のYoutubeで扱うTrueView インストリーム広告をおすすめします。その理由は、見せたいユーザーを設定でき、スキップされた広告に対しては広告料を支払う必要がないという、非常に効率的なアプローチができるからです。アナリティクスツール解析を行いながら、Adwordsでリスティング広告と合わせて相乗効果を高めてみてはいかがでしょうか。

 

 

参考: