こんなサービス紹介動画を作ってみたい!参考事例まとめ5つ

SNS(ソーシャルネットワーキングサイト)上で「いいね!」がたくさんついたり、いろいろな人にシェアされたりする人気動画とは、一体どんなものでしょうか。今回は、サービス紹介をするための動画広告を効果的に「魅せる」ための5つのポイントを押さえつつ、動画制作の参考になる事例を5つ挙げていきます。

動画広告制作、5つのポイント

1.   商品説明的な動画を制作する場合

セリフは短く!メッセージは最初に

サービス紹介のセリフや説明は、短くしたほうがよいでしょう。また、キーとなるメッセージは、動画の冒頭、30秒以内で提示しましょう。インターネットのユーザーは移り気。ネットサーフィン中に動画が目に留まったとしても、最初の十数秒で彼らの心をつかむことができなければ、あっさり他のページに行ってしまいます。

はっきり、シンプルに

視聴者にメッセージを打ち出す方法として効果的なのが、「主語をはっきりさせること」です。この製品は、ほかのだれでもない、今ここで動画を見ている「あなた」に必要だ、「あなた」に使ってほしい、だから私たちは「あなた」に売りたいのだということをはっきりと主張しましょう。「誰でもいいからとにかく買ってほしい/使ってほしい」という広告では、人の心を揺さぶることはできません。

話すトーンを工夫する

他人にメッセージを伝えるとき、どういったトーンで伝えると効果的でしょうか。優しくソフトに、ささやきかけるような声? それとも、力強くはっきりと訴えかける? これは、動画の内容や製品・サービスによっても異なるでしょう。自分のアピールしたいものにもっとも効果的なトーンを研究してみてください。


2.   ストーリー性のある動画を制作する場合

きちんとストーリーを語る

「ストーリー性のある動画を作るのだから、ストーリーを語るのはあたりまえじゃないか」という声が聞こえてきそうですが、これが案外できていない動画が多いものです。制作側が自分の中できちんと物語を消化できていないのに、他人がそれを理解するのはまず無理でしょう。制作に入る前に、舞台設定、キャラクター、伝えたいメッセージなどをきちんと明確にします。

ユーモアは賢く使う

可笑しい、面白い動画はFacebookやTwitterなどのSNS(ソーシャルネットワーキングサイト)上でも拡散されやすいもの。動画制作をする際は、ぜひとも取り入れてみたい要素です。しかし、注意したいのは「ユーモア」には限度があり、また、文化的なバックグラウンドでも受け止め方が違うということ。自分では面白いと思ってアップしたのに、非難が殺到してせっかくの動画が炎上してしまった……なんていうことがないよう、一度客観的な目で、自分の「ユーモア」を検証してもらうことをおすすめします。

動画制作の参考に!人気動画まとめ

上記のポイントを踏まえた、国内外の人気動画広告を紹介します。

最初の5秒が命!インパクトで惹きつける

TrueView広告では、「スキップされる前の」最初の5秒のインパクトで、動画広告を見てもらえるかどうかの成否が決まります。この動画では、けたたましい泣き声と恐ろしい顔をした赤ちゃん人形という強烈なインパクトで、視聴者の興味を惹きつけます。その後は、これでもかと言わんばかりのイタズラの数々。。「笑い」「インパクト」「シンプル」にこだわり、視聴者の興味をひきつけることに成功した動画といえるでしょう。

ターゲットユーザーを明確にして成功

大手トイレタリーメーカーP&Gの生理用品ブランド「Always」による「Like a girl」キャンペーンの動画です。さまざまな年代の女性や男性に、「女の子のように○○してください」と課題を出します。すると、ある年代以上の人たちは、同じようなしぐさで「女の子」を表現します。内股だったり、手をひらひらさせたり、恥ずかしそうな表情をしたり――。しかし、10歳以下の小さな女の子たちに同じ課題を出すと、彼女たちはまったく違う動きを見せました。7歳前後のある女の子は言います。「女の子らしくというのは、私らしくすることです」。
女性にとって、「女性らしく」と言われるのはどういう意味を持つのかを考えさせられるキャンペーンです。
生理用品という女性しか使わない製品の広告動画だからこそできたといえるでしょう。

音楽とあわせて世界観を作り出す

ミネラルウォーターの「エビアン」の広告動画です。「ローラースケートを履いた赤ちゃんが、軽快に踊る」というそれだけといえばそれだけの動画ですが、音楽が軽快なので、最後まで惹きつけられます。
また、この動画で注目したいのは、「エビアン」のブランド告知をしているのは、冒頭の数秒、さりげなく出てくるロゴマーク、また赤ちゃんがまたぐ「エビアン」のボトルだけという点。宣伝らしさを極力排除し、コンテンツで勝負する良い例です。

独特の世界観を打ち出して成功

2014年に大きな話題となった動画広告といえば、「ペプシネックスゼロ」の桃太郎ですよね。小栗旬さん演じる前代未聞の「カッコよすぎる」桃太郎、ビジュアル系のサル・キジ・犬のお供軍団、独特の映像美で、話題騒然となりました。「自分より強いヤツを倒せ」というメッセージとともに、動画の世界観を確立したことで、成功をおさめた例といえるでしょう。

「とにかく面白い!」でシェアしたくなる動画

「髪の毛に火がついて死ぬ」、「自分の大事なところを餌にしてピラニア釣りをして死ぬ」、「2週間冷蔵庫に入れてなかった食べ物を食べて死ぬ」、「接着剤を飲んで死ぬ」、「ネットで腎臓を2つとも売って死ぬ」、「Dumb Ways to Die(ダサすぎる死に方)」という強烈なタイトルがついたこの動画、オーストラリアの鉄道会社「Metro Trains」の広告動画です。動画の目的は鉄道事故の防止。「謎の中毒性がある」と評判のかわいらしいアニメと甘い歌声に乗ってさんざんくだらない死に様が出てきた後に、ようやく「音楽を聴きながら、プラットフォームの端に立つ」、「踏切無視をする」、「線路に落ちた風船をとりに行く」という鉄道に関わる危険が登場します。本来の目的はほんの一部にしか登場しませんが、他の死に方の例があまりにもくだらなくて面白いので、思わず友達にシェアしたくなってしまいます。

YouTubeでは、ほかにもたくさんのサービス紹介を目的とした広告動画が掲載されています。ぜひ制作の参考として役立ててください。

 

参考: