YouTubeを動画マーケティングに活用する5つのポイント

動画配信サイト最大手のYouTubeをマーケティングで活用するためには、どんなことをしていけばよいのでしょうか? 動画を使って売り上げを伸ばすためにはコツがあります。今回は、YouTubeで動画マーケティングを成功させるための5つのポイントをご紹介します。

売り上げを伸ばす! YouTube活用法5

1.    自社チャンネルで宣伝を行う

もし動画マーケティングに興味をもっていて、まだYouTubeの自社チャンネルをもっていないのなら、登録してみることをおすすめします。そして、どんなものなのか使ってみてください。まず自身が使い慣れておくことで、どんな動画をどのように配信すれば喜んでもらえるのか、ユーザーの目線に立って考えることができます。試しに動画をいくつか作成してみて、自社のYouTubeチャンネルで紹介していくことから始めましょう。動画が増えてくれば、自社の動画チャンネルとして宣伝にも役立ちます。

2.    動画コンテンツとして紹介する

YouTubeに動画をアップ後、その埋め込みコードを取得してブログに載せれば、自社のサイトからも動画を見ることができるようになります。さまざまなコンテンツを通じて消費者とコミュニケーションする「コンテンツマーケティング」を行っている企業が増えている今だからこそ、画像や記事だけでなく、YouTubeにアップロードした動画を紹介してみてはいかがでしょうか。自社や商品を紹介する動画はもちろん、自社以外の動画を事例として紹介するという方法で、コンテンツの種類を増やしていく方法もあります。

3.    集客ツールとして使う

YouTubeに動画をアップすると、動画検索でヒットしやすくなります。すると、自社サイト経由だけでなく、YouTube経由で自社サイトへの集客が見込めます。また、SEO対策として、タイトル、説明文、タグに検索でヒットしてほしいキーワードを入れると効果的です。また、動画を見てくれたユーザーが行動を起こせるように、CTA(「Call To Action」の略で目的の行動を誘導するリンクやボタンのこと)を設置しましょう。自社のチャンネル登録を促すほか、会社名とサイトのリンクを紹介することをおすすめします。

4.    動画広告を出す

動画広告を出したいときには、YouTubeの利用をおすすめします。その理由は、動画配信サイトとして利用者が最も多く、設定したターゲットユーザーへ直接広告を流すことができるからです。YouTubeの動画広告はスキップが可能なものがあり、再生されてから5秒後にスキップできるようになっています。もし広告がスキップされたり、30秒以上(それより短い場合は最後まで)見られなかったりした場合は、広告料が発生しないため、広告に興味のないユーザーには広告料を支払う必要がないというメリットがあります。

5.    バズ・マーケティングに役立てる

インターネット上で口コミを流行らせて、マーケティング効果を高める「バズ・マーケティング」にも動画は効果的です。「バズる」というマーケティング用語が目につくようになりました。英語で「Buzz」というのは、ハチがぶんぶんと飛び回る音という意味で、ひとつの場所でざわざわ噂話をする状況を表しています。YouTubeにはシェアボタンがあるので、簡単にソーシャルメディアで共有することができます。また、YouTubeを使い慣れているユーザーは多く、動画をバズらせたいならYouTubeを活用するようにしましょう。

動画マーケティングはYouTubeが欠かせない

動画を使ってマーケティングをしようと思ったら、YouTubeは欠かせません。まだ使い慣れていない人は、隙間時間にスマートフォンやパソコンからYouTubeを見る時間を設けることをおすすめします。今回ご紹介した5つのポイントを参考に、さっそく動画マーケティングにYouTubeを活用してみましょう。

 

 

参照: