新しい自撮り「ドーナツセルフィー」が話題

自分で自分を撮影することを「自撮り」と呼ぶようになったのは、カメラ機能のあるスマートフォン(スマホ)が普及してからのこと。当初は若者たちの間での流行でしたが、今やSNSでは自撮り写真があふれています。その「自撮り」に、海外から新しい動画の波がきています。

 

ドーナツセルフィーってなに?


それは「ドーナツセルフィー」。英語で自撮りを「selfie(セルフィー)」といい、世界的権威のある英語辞書オックスフォード英語辞典にも新語として2013年に登録されたばかり。そのセルフィーにもいろいろなテクニックが存在しています。
そのひとつが「ドーナツセルフィー」。スマホのビデオで撮影してユニークな自分の映像を作るテクニックです。撮り方はいたって簡単。自分の片耳にスマホのレンズ部分を当てて、ゆっくりと顔の前を、円を描くようにもう片方の耳まで動かしていきます。その際、レンズを見ずに腕だけを一定の速さと高さで動かしていくと、あとで編集した際に自然なドキュメンタリー風の動画に仕上がります。また、始めと終わりを耳につけて暗転画像を作ることで、編集がしやすくなります。
円を描く、つまりドーナツ型にカメラを180度水平に動かすことから「ドーナツセルフィー」というネーミングになったのですが、このやり方で、いろんな場所での自撮りを行い、それらを動画編集ソフトでつなぎ合わせるとオモシロ自撮り動画の完成です。

この撮影手法を考えだしたといわれるアメリカ在住のカレン・チャンさんによるドーナツセルフィー動画

セルフィーテクニックの楽しみ方と他のテクニック

ストップモーションセルフィー

同じ角度とフレームでの自撮り画像を、すべてつなぎ合わせた動画です。このタイプの自撮りの面白さは、枚数の多さによる変化を楽しむ、つまり自分の顔の変化、経年変化を記録することで、後々楽しめるということに尽きます。しかし、何年間かに渡って同じ角度で、同一フレームで自撮りを続けるというかなりの根気が必要になります。もはや自撮りプロジェクトと呼べそうなほど、ある意味、意義のあるセルフィー動画作成になります。

スローモーション機能を使ったドーナツセルフィー

iPhone6のスローモーションツールを使ってドーナツセルフィーをアウトカメラで撮影すると雰囲気が変わって、ミュージックビデオのような趣に。通常の撮影でも編集段階でスローへと変換もできますが、画像が荒くなってしまうので、あらかじめスローモーション設定にしておくときれいな動画になります。インカメラと違い、撮影画面を確認できないのであらかじめ何度か試し撮りして角度や向きを確認しておきましょう。カメラを回す速さがなるべく一定になるようにして、顔とカメラの距離も近づきすぎないように注意。近すぎると顔がアップすぎて怖い動画になってしまいます。

iPhone6のスローモーション機能を使ったドーナツセルフィー例

 

旅先でドーナツセルフィー動画を撮って、ひとつの作品にまとめた動画が海外で人気を呼んでいます。

ドーナツセルフィー風のCMまで登場しています。

Donut Selfie with Coca-Cola

左右の顔の表情に自信のない場合は……

自分の顔の周りをぐるっと半周する自撮り動画が、海外から人気になったのも、まず西欧人は顔の骨格がより立体的で、左右どの角度からでも表情が出やすいというのも広まった理由かもしれません。アジア人である私たちの場合、どうしても薄い印象になりがちなのはやむを得ないのでしょうか? その解決方法として、顔だけに目線を集中させずに背景にこだわってみたり、何かをしている動作、カップルや家族で話しているところなどを撮影してみるなど、いろんなドーナツセルフィーにトライしてみてはいかがでしょうか?
友人や同僚のドーナツセルフィー動画をつなぎ合わせてパーティーの余興動画にしたり、会社の歓送迎会で交わされる色紙代わりに、みんなでドーナツセルフィー動画を共有したりと活用方法はいろいろあります。音楽やテキストなども挿入しながら、楽しい動画ライフを創造していきましょう。

 

 

参考: