オウンドメディアマーケティング、きちんと理解してますか?

「オウンドメディアマーケティング」という言葉をご存じですか? 自社のメディアを所有し運営することで、マーケティングに役立てる手法です。今回は、オウンドメディアマーケティングの基本知識から、コンテンツマーケティングとの違いまでを紹介します。

オウンドメディアマーケティングとは

オウンドメディアマーケティングとは、自社のメディアを所有し、マーケティングを行う手法のことをいいます。英語の「owned」(オウンド)で「所有する」という意味を持ちます。

自社の企業サイト以外に、新しいWebサイトを立ち上げ、そこにお役立ち情報としてコンテンツを配信していくことで、見込み客開拓につなげようというわけです。

オウンドメディアでは、自社がメディアになりきり、自社の商品やサービスの売り込みをするのではなく、あくまで中立的な立場でコンテンツを作成し、配信していく必要があります。
オウンドメディアを持つことにより、ターゲットが調べ物をするためにインターネットで検索したときに、より多くの人に自社の存在を見つけてもらうことができます。また、自社が持っている情報を提供することで顧客価値を高めることができます。さらに、オウンドメディアにコンテンツが蓄積されていくことで、検索エンジンからコンテンツが見つかりやすくなり、SEO(検索エンジン最適化)対策にも効果を発揮します。

コンテンツマーケティングとの違い

自社が所有するメディアを持ちコンテンツを配信していく、オウンドメディアマーケティングと、コンテンツを発信してターゲットを惹きつけるコンテンツマーケティングは何が違うのでしょうか。考え方としては、オウンドメディアマーケティングを実践するための方法がコンテンツマーケティングとなるわけです。

コンテンツマーケティングとは、ユーザーに記事や動画などのWebコンテンツを配信したり、DMや紙媒体などで情報を提供していくことです。自社のメディアを持たなくても、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアから情報を発信したり、自社Webサイトにある会社紹介コンテンツを充実させたりすることでもコンテンツマーケティングをしていることになります。それに対して、オウンドメディアマーケティングは、自社で継続的にコンテンツを発信していくことが前提のメディアを新しく立ち上げて、そこにコンテンツを発信していくことを指します。

オウンドメディアマーケティングのポイント

オウンドメディアマーケティングでは、ターゲットユーザーを明確にし、見込み客に喜ばれるコンテンツを配信していくことが大切になります。最近では、オウンドメディアマーケティングを実施する企業も増えているので、差別化をするために専門分野に特化したり、記事だけではなく動画を使って楽しめるコンテンツにしたりするなど、他にはないメディアを立ち上げることが重要となります。

特に最近では動画マーケティングの人気が出ており、スマートフォンユーザーの増加とともに、すきま時間に動画を視聴するユーザーも増えています。そんなユーザーに対して「動画」コンテンツを提供すれば、他社との差別化にもつながるでしょう。動画のメリットは、文字だけでは伝わらないニュアンスをわかりやすく解説できることです。また文字を読むのが苦手なユーザーも、動画コンテンツならテレビを見ているような感覚で楽しんでもらうことができます。

メディアを所有して見込み客を開拓しよう

オウンドメディアマーケティングを実践するためには、自社のメディアを所有し、そこで定期的にコンテンツを配信(コンテンツマーケティング)する必要があります。コンテンツには記事だけでなく、動画を取り入れることで、マーケティングの効果を発揮することができるでしょう。まずはどんなオウンドメディアを持ち、マーケティングを進めていけばよいか、作戦を練ってみてはいかがでしょうか。

 

参照:

第1回 ここからはじめるオウンドメディア 福山一樹氏