動画マーケティングを成功に導く5つのポイント

競合に差をつけて、動画マーケティングを成功に導くためには、どんなことを意識する必要があるのでしょうか? 今回は、動画マーケティングを成功に導く5つのポイントとして、実践方法から考え方、最低限知っておきたい知識などをまとめて紹介します。

動画マーケティングに欠かせない5つのコツ

1.      ターゲットを明確にする

「動画」と言っても、その用途はさまざまです。動画を作成する際には、ターゲットを明確にして、それぞれの動画のゴールを設定しましょう。動画を作るときに、どれだけユーザーの気持ちになって考えられるかで、動画の効果は変わってくるからです。
ターゲットを明確にするときは、ペルソナ設定を行いターゲットにしたい1人~3人の職業、年齢、性別、住んでいるところ、家族構成、趣味などを書き出してみましょう。

大勢をターゲットにして、当たり障りのない動画にするよりも、1人へ向けた動画を作成して、それに共感してくれる人たちを集めたほうが、反応率を高めることができるのです。

2.      物語にすると記憶に残る

動画を作成しようと思ったら、まず似たような動画がないか競合チェックをしてみましょう。動画をいくつか見ていくと、人気のある動画の共通点に気づくはずです。それは、「商品」を紹介する動画ではなく「物語」になっている動画です。

動画では、商品やサービスそのものを伝えるのではなく、その背景にある物語を伝えることで、ユーザーの心を揺さぶることができます。また、TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアでシェアされている動画も、物語になっている物が多く、感情を揺さぶられるような動画が目立ちます。このように動画の利点を生かすためにも、物語にするとよいことを覚えておきましょう。

3.      シンプルにわかりやすく

YouTubeのスキップ可能動画広告では、最初の5秒が経過すると「スキップ」と表示されたボタンが現れ、広告を中断することができます。つまり最初の5秒間に広告を見て「興味はない」と思われてしまえば、動画の続きを見てもらうことはできません。

また、スキップ不可の動画広告の場合も同様で、最初に少し見て「自分には関係ない」と思われてしまえば、動画をじっくり見てもらうことはできません。そのため動画広告では最初の5秒~10秒が特に肝心なのです。「伝えたいコアメッセージは何か?」を明確にして、シンプルでわかりやすく伝えるように努力しましょう。

4.      CTAボタンを忘れない

動画を作成したら、その動画を見た後でユーザーにどんなアクションを起こしてほしいのか考えてみましょう。

動画を見終わったタイミングで、アクションが起こしやすいようにランディングページのリンクや問い合わせ先を表示したCTA(Call to Action)ボタンを表示することで、ユーザーをうまく誘導することができます。動画のサイトにURLを置いたり、動画が表示されているページの目立つところにCTAボタンを表示したりすれば、ユーザーは動画を見終わったタイミングで、抵抗することなく行動を起こしてくれます。また動画の最後に「興味がある人は下記のリンクをクリックしてください」など一言加えるだけでも効果的でしょう。

5.      アクセス解析で最適化を行う

動画はバナー広告やWebサイトのデザインと同じで、常に改善していく必要があります。特に、広告動画をはじめ、トップページやランディングページに設置してあるような動画は効果を測定し改善していくことが重要です。YouTubeにアップした動画には、再生回数、ユーザー層、再生場所、トラフィックソース、視聴者維持率がわかるアクセス解析を利用することができます。

例えば、2種類以上の動画を用意して、どちらの反応が高いのか調べて、最適化を行っていきましょう。

動画マーケティングのポイントを意識しよう

動画マーケティングを実践していくなかで、今回ご紹介した5つのポイントを意識してみてください。ポイントを押さえて動画マーケティングを進めていくことで、効果を高めることができます。実践しながら何度も見直して、動画の反応率を高めていきましょう。

 

 

参考: