動画制作を依頼する際に準備しておくべき5つのこと

動画制作を依頼しようと思ったら、依頼主はどんなことを準備しておくべきなのでしょうか。スムーズに動画を制作し、要望通りに仕上げてもらうためには、事前にしっかりと動画制作依頼書を用意しておくことが大切です。今回は動画制作を依頼する際に準備しておくべき5つのポイントをご紹介します。

動画制作依頼書を作る5つのポイント

「なぜ依頼主が手間をかけて依頼書を作らなければならないのか」と思われるかもしれません。動画制作依頼書は必ず用意する必要はありません。しかし、口頭だけのミーティングでは、全てのスタッフに意志疎通がうまくいかないこともあるでしょう。また、その場の雰囲気や話の流れで動画の内容が変わってしまうという懸念があります。「当初思い描いていた動画と違うものになった」というトラブルを避けるためにも、動画制作依頼書を作ることをおすすめします。

1.目的を明確にする

動画制作を依頼するからには、なぜ動画を作りたいのか理由があるはずです。もしかすると、ホームページの集客のためといった大雑把なこともあるでしょう。それでも口頭で伝えるのではなく、提案書の中に記載しておくことで依頼主にミスなく伝えられます。動画制作の趣旨をきちんと共有することで、要望通りの動画を作ってもらえるのです。プロジェクトに名前を付けて、求めるゴールを明確にしましょう。

2.ターゲット像を洗い出す

次に制作したい動画のターゲット像を予測しておきましょう。ターゲット像を設定することを「ペルソナを決める」と言います。ペルソナについては打ち合わせの時点で動画制作会社と一緒に考えることもできます。しかし、その分野のプロである自社が実際に想定するターゲット像について調査しておくことで、現場の声を生かせるのです。ペルソナを定めれば、動画を制作する際にユーザー(ターゲット)の目線に立てるので、相手に響きやすい動画となるでしょう。

3.得たいゴールを決める

それぞれの動画には、ゴールがあります。自社のブランドの認知度を高めるためのイメージ動画のときもあれば、セール期間中であることをアピールし、その間に購入をするように促すためのものもあります。ゴールが決まれば、そこから逆算して動画の中身を考えられます。「こういう動画にしたい」ではなく、「このゴールにたどり着くために、こうしたい」という考え方で進めることで、メッセージ性の高い動画にできるのです。

4.わからないことをリストにする

動画制作の初心者であれば、つい丸投げして依頼したくなるものです。しかし、内容を自分たちで考えて進めていくことで、動画への知識も深まります。すると2度目に依頼するときに、前回の経験が役立ってくるのです。もし動画制作についてわからないことがあれば、それをリストにしてミーティングの際に聞いてみましょう。わからないことをそのままにするのではなく、1つずつクリアにしていくことで、制作会社に的確に指示をすることができるようになるでしょう。

5.スケジュール、予算を決める

スケジュールを守り、予算内に動画制作をしてもらうためにも、動画制作依頼書には、「スケジュール」「予算」をしっかりと明記しましょう。口約束にすると、のちにトラブルになる可能性もあるからです。もし特に強い希望がない場合も、仮の完成予定日を決めることで、進行スピードが測れます。

制作依頼の準備で動画の出来栄えは変わる

動画制作会社と意思疎通がしっかりできていればいるほど、自社が求める動画を制作してもらえます。口頭で伝えるのではなく、発注依頼書として記録を残しておくことで、トラブルを防ぐこともできます。最初から完璧なものを作る必要はありません。今回ご紹介した5つのポイントを参考に、まずは文章にまとめる程度でもいいので、用意してみましょう。

 

参考: