ランディングページの成約率を高める!動画活用ポイント5つ

インターネット広告のリンク先となるランディングページをどう作るかで、広告の成約率は変わってきます。近年、ランディングページで動画を活用する企業が増えており、その高いマーケティング効果が注目されています。今回は、ランディングページの成約率を高めるためにやっておきたい動画活用ポイントを5つご紹介します。

ランディングページに欠かせない! 動画活用術5つ

1.  商品紹介動画はトップに置く

ランディングページで最も重要になるのは、ページを開いたときに目につく部分だといわれています。ユーザーは目についた部分を見て、自分にとって必要な商品かそうでないかを判断するからです。最も重要だといわれるトップ部分に商品やサービスの概要がわかる紹介動画を置きましょう。
動画を使って商品やサービスの簡単な紹介をすれば、ユーザーの注目を集めることができます。最初の動画を見てユーザーが商品やサービスを欲しいと感じれば、ランディングページを最後まで見てもらえる可能性も高まります。最初にどれだけお客様の心をつかめるかが肝心なのです。

2.  商品やサービスの魅力を伝える

動画の魅力は、文字や画像だけでは伝えられない商品の魅力をアピールできる点です。シンプルな動画でも構いませんから、ランディングページで商品を360度あらゆる角度から見せて、商品を手に取る動画で紹介しましょう。サービスの紹介であれば、どんなときに、どのように役立つのかをまず文章と画像を使って解説し、最後にそれを動画でまとめて伝えるとイメージが湧きやすくなります。そのサービスによって得られるゴールをイメージさせるのです。

3.  プラスアルファをアピール

さらに、商品の「プラスアルファの魅力」をアピールしましょう。例えば、調理器具であれば、どんな料理が作れるのか事例を出したり、バッグのような小物であればポケットの広さを見せたりなど。サービスであれば意外性のある事例を出すことで、「こんな使い方もある」というオプションを紹介してみてください。おまけとなるボーナス特典があれば、それも一緒にアピールしてみましょう。

4.お客様の声を伝える

ランディングページの中で、お客様の声や事例を紹介すると成約に向けて効果的だといわれています。それは第三者の意見を伝えることで、評判の良さをアピールできるからです。企業が自ら商品の魅力を伝えても自慢話になってしまいますが、口コミという形でお客様に紹介してもらうことで、商品の良さを全面的に伝えることができます。お客様の声は、これまで画像と文字が一般的でしたが、動画にすることでその人の話し方から、ユーザーの感情を揺さぶることができるのです。お客様の声はできるだけリアクションを大きく、抑揚をつけて話してもらいましょう。

5.おさらい動画でまとめる

商品やサービスの魅力をおさらいするように、まとめのポイントを伝えましょう。まず文章で書き、最後にその動画を見せることで、もれなく伝えることができます。くどいようですが、何度も同じメッセージを伝えることで、ユーザーは商品の魅力をわかったつもりになるのです。また動画の最後で購入を促すメッセージを一言入れるだけで、ユーザーを購入へと誘導できるでしょう。

ランディングページに動画を置いて成約率をアップさせよう!

動画を活用することで、文字や画像では伝えられない商品やサービスの魅力をアピールすることができます。今回ご紹介した5つの活用術を参考にしながら、動画を作成してみましょう。商品やサービスの魅力がうまく伝われば成約率もグッとアップするはずですよ。

参考: