無料で使える!動画再生アプリを徹底比較!

最近は、無料でさまざまな動画ファイルを再生してくれる動画再生アプリが数多くありますが、その中でも軽くて対応ファイルも豊富なAndroidの動画再生プレイヤーアプリが「VLC for Android beta」と「MX Player」です。「flv」「mp4」「3gp」「avi」「wmv」「mpg」「mpeg2」「asf」「rm」「mkv」「mov」など様々な形式のファイルに対応可能なので、頻繁にスマートフォンから動画をチェックする人には欠かせません。
この人気アプリのそれぞれの使い方や特徴をご紹介します。

持っておきたい動画再生アプリはこの2つ

VLC for Android beta

mp4やwmv、aviなど再生対可能な動画ファイルが多く、また操作も軽快なことから愛用者の多い動画再生アプリが、「VLC for Android beta」です。パソコンユーザーの間ではお馴染みのソフトですが、アプリでも使いやすいと人気があります。
再生方法も簡単で、アプリを立ち上げると保存してある動画が表示され、その動画をタップして選ぶだけ。画面右側を上下にスワイプさせると、音量の調節ができます。そして、画面の左側を上下にスワイプすることで、画面の明るさを調節でき、画面の上部を左右にスワイプすると、スキップや巻き戻しができます。これなら動画再生途中でも片手で簡単に操作して、音量を調節し、画面の明るさ、スキップ・巻き戻しができます。
さらにこれだけではありません。再生速度を変えることもできるため、語学勉強用に動画を視聴するときには、再生速度を落とすことも可能。反対に、動画をすばやく確認したいときは再生速度を上げて見ることができます。
また、動画だけでなく、音楽ファイルプレーヤーとしても使うことができます。18種類用意されているプリセットから、自分の好みの音質にカスタマイズできるのが特徴です。

MX Player

「VLC for Android beta」同様に、再生対可能な動画ファイルが多く、操作も軽快で使いやすいと人気の動画再生アプリが、「MX Player」です。
アプリ起動すると、スマートフォンに保存されている動画フォルダを検索し、新しい動画ファイルには「NEW」のタグがつくため、見つけやすくなっています。「VLCメディアプレーヤー」と同じように、動画をタップすると再生されます。動画視聴中は、画面左端を上下にスライドさせると明るさ調節ができ、右端を上下にスライドさせると音量を変えられます。そして、画面を左右にスライドすると、早送りや巻き戻しができます。
VLCメディアプレーヤーが持っている、再生速度の変化、スリープタイマー機能はないものの、MX Playerは誤操作を防止してくれる南京錠マークのボタンがあります。このボタンを押すことで、再生中に誤って停止ボタンを押してしまい、動画がストップすることを防げるので、移動中の動画視聴にもぴったりです。
アプリ上級者は、デコーダー(形式の変換)の設定を変更することで、パフォーマンスを改善することができます。ハードウェアデコーダーとソフトウェアデコーダーを調整すれば、声が遅れて聞こえたり、映像がスムーズに再生できずカクカクする現象を抑えられます。また、インターレース解除にチェックを入れるだけでも、動きの激しい動画で発生する残像やノイズの軽減に役立つでしょう。

動画再生アプリならこの2つで十分!

大人気の「VLC for Android beta」と「MX Player」、どちらもスマートフォンで動画を再生するだけなら、簡単スムーズに利用できます。また、再生する以外にも、動画の速度を変え、誤操作を防止してくれる機能もあります。さらに、デコーダーを調整することで動画のパフォーマンスを高めることもできます。
スマートフォンで動画が気軽に楽しめる、無料アプリを探しているのでしたら使ってみてはいかがでしょうか。


参考: