動画を作るために欠かせない3つの準備ステップ

「さあ、動画を作ろう!」勢いよく発進したいところですが、ちょっと待ってください。

高質な動画を効率よく作るためには、丁寧な下準備が必要です。録画をする前に把握しておきたい準備ステップ3つを、まずはしっかり確認しておきましょう。準備段階をしっかり行えば、動画の質の向上だけでなく、製作後の編集や撮り直しの手間をグッと減らせるはずです。そこで今回は、準備ステップにはどんなものがあるのか、そして、各ステップでの注意点やポイントはどういったものかを、紹介していきます。

目的、撮影対象、構図、撮影場所を決める

心に残る動画には「ストーリー性」があります。つまり高品質の動画を作成するためには、作文を書くときのように

  • 目的は何か
  • 主人公は誰か
  • どういった目線で撮るのか
  • どういった場所を使うのか

など、最初にあらすじを考える必要があるのです。

マーケティング目的の動画を作成する場合は、伝えるべきポイントやターゲット顧客を、きっちり絞り込みましょう。メッセージが伝わりやすい動画にするためには、欲張っていろいろな情報を詰め込みすぎないことも大切です。あらすじをしっかり設定しておけば、完成した動画を見たときに、「で、結局なにを伝えたかったの?」と混乱することもありません。伝えたい内容が多いのであれば、思い切って短い動画を数本に分けて作るアイデアも考えてみましょう。

資料にまとめる

あらすじが決まったら、今度は詳細を資料にまとめます。必要な情報を資料に書き出す作業をすることで、改善点やアイデアなども浮かびます。最初はさっと書き上げたドラフトに、赤字で修正を入れながらまとめていく形でも大丈夫です。動画撮影に関係する情報を事細かに書き出すことで、動画の全景がより明確になってくるでしょう。

資料作成の最終目的は、それを読んだ人が、どんな動画を作ろうとしているのかを、簡単に頭に思い浮かべられるようにすることです。動画のフォーマットは何を選ぶか? 登場する商品やモデルはどういったもの(人)か? どういった情景を撮りたいのか? 言葉にできないものは、手書きの図やイメージ写真を添付するのも良いでしょう。動画の撮影に関わるすべての人にとって必要な情報を、丁寧かつ簡潔にまとめあげます。

当日のタイムスケジュールを作成する

動画の撮影は、タイムスケジュールを考えずに行うと、ついダラダラと長時間を費やしてしまいがちです。効率面を考え、大体の予想を元にきちんとタイムスケジュールを組んでおいたほうがよいでしょう。

  • 撮影日前の準備にかかる時間
  • 撮影参加者との打ち合わせにかかる時間
  • 撮影場所への移動時間
  • 撮影場所でのセッティング時間

を考えた上で、実際の撮影にはどれくらいの時間を要するのかも考える必要があります。「3分間の動画を撮影するのにかかる時間=3分」ではありません。必要時間をしっかり予定することで、撮影自体がスムーズに行えますし、撮影時間が超過して予算内に収まらないということもなくなります。

準備万端、いざ発進!

手間と時間を費やして動画を作るのならば、みんなに「良い動画だ」と認めてもらいたいですよね。ストーリー性のある心に残る動画を作り上げるためにも、今回ご紹介した3つの準備ステップにぜひ挑戦してみましょう。「手間暇をかけるならば、手直しではなく準備に」。こうしたほうが、効率よくスッキリした気持ちで、動画作りに挑めます。

 


参考: