「ルージュの転校生」森の映画祭へ行く

ご報告が遅れましたが先週末に開催された
野外オールナイト映画祭「夜空と交差する森の映画祭」に参加してきました!

会場は東京から車で約2時間半、山梨県白州・尾白の森名水公園「べるが」。
参加者のほとんどが女性、20代〜30代がメインという印象。映画祭というより音楽フェスにやってきたようなワクワク感がありました。当日の参加者はなんと2300人だったそうです。

写真02.jpg

写真03.jpg

写真04.jpg
※フードやドリンクも長蛇の列。ビールと牛の串焼きは美味しかった。



真っ暗闇の森の中を、道に置かれたランタンの明かりを頼りに突き進みます。
「ブレアウィッチ」撮れそうな感じ。持参していた撮影用の懐中電灯が役に立ちました。

写真05.jpg

写真06.jpg

森の映画祭にはスクリーンが4つあり、同時に別々の映画を上映するスタイルをとっており、「ルージュの転校生」は「Mystery Forest」というスクリーンでの上映でした。

写真07.jpg

会場に座席は設置しておらず、レジャーシートに寝転んだり椅子を持ち込だり寝袋に包まれながら鑑賞したりと観客に委ねる自由な空気が印象的でした。
ふと夜空を見上げれば星がキラキラと輝いていて、なんともロマンティックな気分にさせてくれましたね。。

写真08.jpg

映画祭ラストの上映は「おとぎ話みたい」。朝5時なのにかなりの人・・・

普通の映画祭とは明らかに雰囲気も客層も違っていて、
映画祭の無限の可能性を感じた素敵な夜でした。

こんなにも多くの観客に見て頂く機会をありがとうございます。

来年も参加できればなーと思い映画祭を後にしました。



安田瑛己