国内外のユニークな広告事例

はじめまして、エレファントストーンの伊藤です。

私のブログでは映像だけに因われず、国内外のユニークな広告事例をご紹介していきたいと思います。

今回はフォルクスワーゲンがメキシコでQRコードを使用して行なった ユニークな広告を紹介致します。

この広告では大型バン「Crafter」がいかに大量の荷物を載せられるかを訴求しています。 その広告の内容も良いのですが、プロモーションの舞台を メキシコ最大の卸売市場としたことが、この広告をさらに秀逸なものとしています。

このメキシコ最大の市場には1日あたり商品の販売目的で約2千人、 購入目的で約35万人もの人が訪れると言われています。 広告はその市場に訪れるバイヤーたちをターゲットに展開しています。

バイヤーたちはその仕事柄、普段から大きなバンを必要とし乗り慣れています。 そのため、バイヤーたちの大半が「Crafter」の見込み客となり得ます。 そのバイヤーの潜在的ニーズを掘り起こすためのプロモーションとして、 市場の一角にオレンジの入った木箱を大量に積み上げて、 一晩かけて巨大なQRコードを木箱で作り上げました。

市場に来たバイヤーがこの巨大なQRコードを見つけて、興味本位で読み取ってみると、 このQRコードを作っている大量の木箱全部が 「Crafter」に全て載ってしまう映像を見ることができるようになっています。

この大量の木箱が全部バンの中に入ってしまうインパクトはかなり大きいですよね。

このプロモーションはターゲットの設定が秀逸だと思いました。

 

○参考サイト『QR code tracking』 http://qrcodetracking.net/qr-code-constructed-from-orange-crates-in-mexico/

伊藤尚平