リハーサル

 

あと3時間で2013年というこの夜、一人で年越す準備をしながらブログを書いています。

 

昨日30日、衣装合わせの時にできなかったメイク・髪型チェックとリハーサルを行いました。

奥で謎のポーズを取っているのは主演女優です。目からビームを出しているそうです。(あ、伊藤さん机をお借りしてまーす)

 

メイクが入ることによって、役者自身がより「役」そのものの存在になるような気がします。まあそれは映す側の感覚ですが、低予算映画でメイクをしていない人物の顔のアップの画を見ると、肌の荒れや毛穴が見えて現実が映画の中に侵入してきたようで興冷めしてしまうんですよね。また当然、役者自身の気合いも変わってくるのかもしれません。

 

そしてリハーサル。脚本を当日に大幅改訂したので、この場で読んでもらって実際に演じてもらいました。役者2人は当然読み込む時間がないのでモノに仕切れなかった部分はあると思いますが、ところどころ自分のイメージを超えてくる瞬間を見せてくれ、今から撮るのが楽しみでなりません。

しかし同時に、所詮リハーサルはリハーサルでしかなく。結局は撮影日に全てが決まるのが映画です。

 

そんな風に年内にできる準備を終え、あとは年明けからすぐに撮影となります。2013年最高の年明けになるように充実した撮影ができればと思います。

 

それでは皆様、良いお年をお迎えください。

嶺隼樹