タイムラプス撮影

 

お久しぶりでございます。嶺です。

今会社ではいろいろ新しい機材を導入していまして、順次ご紹介していければと思うのですが、そのうちの一つがこちらです。

タイマーリモコンコントローラー

これはデジタル一眼レフ用のタイマーリモコンコントローラーと言いまして、設定した秒数間隔でシャッターを自動で押し続けてくれるリモコンです。これは、タイムラプス撮影を行うための道具なのです。

 

タイムラプス撮影とは、いわゆるこんなやつです↓ 皆さん一回くらいは見たことがあるんじゃないでしょうか。

http://vimeo.com/masayasugimura/tokyoliving

 

 

タイムラプスとはつまり、一定間隔毎に一定時間撮影したスチール写真を連続して並べることで、まるで動画のように見せる手法です。そしてこの手法を使うと、1時間を数秒で表現したり、星の動きや、花の開花や、蛹が成虫に孵る長い時間をわずかな秒数で表現することができるんです。

 

という訳で早速テスト撮影を行ってみました。

場所は隠れ夜景スポットとして名高い浜松町の世界貿易センタービルの40階の展望台。カメラは5Dmark3です。展望台からの景色はこんな感じです。

DSC_1794

 

なかなかの絶景ですね!

 

そして展望台から東京タワーに向けて、先述のリモコンコントローラーを使用しまして撮影してみました!

17:20〜18:00の40分間を8秒にしました。最高画質でご覧下さい。

http://youtu.be/Fki4HMhqFJo

 

そして続けて、18:10〜18:50の40分間です。

http://www.youtube.com/watch?v=TUREPftnfhg&feature=youtu.be

 

 

一つ目の方は、夕方の感じは良かったですが、夜になってからが光量が足りず真っ暗になってしまいました。

二つ目の方は、シャッタースピードを調整して夜の町並みははっきり移りましたが、中盤から変化に乏しい映像になってしまいました。

ですけど、もっと効果的な被写体や時間帯だったり、カメラの設定だったりありそうですね。

 

まあこれから色々実験して遊びながら体得していこうと思いますが、かなり面白いことが出来そうです!今後も良いタイムラプスが撮れ次第、アップしていきたいと思います。

嶺隼樹